Voigtlander NOKTON 10.5mm F0.95

Voigtlander NOKTON 10.5mm F0.95


買ってしまったf0.95 星宙Lens
素晴らしい写りですd(^-^)ネ!
ずっしり重くて、マニュアルにはまりそうです・・・

ノクトンとは「夜の」(「ノクト=夜」)という意味です!
・ライカ「ノクチルックス」
・ニコン「ノクトニッコール」
・パナソニック「ノクチクロン」

f2.8クラスのレンズに比べてf0.95は約8倍以上明るいのです。
この比率をISO感度では、
ISO12800に対し「8倍」明るい感度は「10万2400」です(もの凄い!)。

f2.8で「ISO3200」→f0.95ならば「ISO400」。

シャッター速度で言えば・・・
f2.8レンズが 1/15秒→f0.95は1/125秒
8倍という比率は、本当に凄い!

恩恵は、低ノイズだけでなく、被写界深度への影響もありがたい。
花などの撮影での背景ボケの多大なる効果が素晴らしい。
マイクロフォーサーズで良かった、こんなレンズに出会えて・・・

0 Comments

Post a comment