ファミリー・ホンドギツネ

ファミリー・ホンドギツネ



育ってきましたd(^-^)ネ!
ご近所のキツネ君達

生活行動
キツネは基本的には一夫一婦制で、つがいで縄張りを形成して巣穴を作り、繁殖します。
冬季から春季にかけての仔育て期間は家族で巣穴で生活するが、5~6月になると巣穴から巣穴へ転々と移動し、7月頃からはほとんど巣穴を使用しなくなるようです。

仔ギツネは秋には親とほぼ同じ大きさになり、独立して単独生活に入るようです。
雄の若ギツネは10~11月には突然姿を消して遠くへ分散していくようです。
しかし、雌の若ギツネはしばしば親元に残り、翌年の親の子育てのヘルパーをしたりするようです。
雌雄とも、生まれた年の冬には性的に成熟します。


行動・習性
キツネは夜行性で、日没後や早朝によく活動をします。
動作はすばやく、水泳も巧みでです。
イヌのように通り道の木などに尿をかける習性があるようです。
また、目につきやすいところに糞をして、サインポストとして縄張りを示すをいわれています。

※ 生態情報は河川生態ナレジデータベースを参照させていただきました。

1 Comments

birding  

No title

> keithさん
ハイ、そのように

2018/06/06 (Wed) 09:11 | EDIT | REPLY |   

Post a comment