きつねの親子

きつねの親子


親子の仲良い感じを撮影してしてみました。

生育場所
キツネは草原性の動物で、広い樹林地帯はほとんど利用せず、林縁や森と草原が入り組んだ環境、田園地帯などに好んで生息するようです。
ホンドギツネは田端と草原、小さな森、集落地が複雑に入り組んだ環境に生息する傾向が強いようです。
行動圏は広く、5~50k㎡に及ぶそうです。

キツネはノネズミやノウサギを捕食して数の増加を抑制するので、森林の食害を軽減させる重要な役割を担っており、林業上有益だとされています。(人家に近づいてニワトリなどを襲うこともある。)
基本種のアカギツネは環境に対する適応力に優れ、海岸から高山、森林、半砂漠までさまざまな環境に生息しています。
イギリスではロンドンの住宅地区にも野生のアカギツネが多数生息しており、「アーバン・フォックス(urban/fox)」として知られています。


※ 生態情報は河川生態ナレジデータベースを参照させていただきました。

0 Comments

Post a comment