タッチ&ゴー弾丸太平洋航路バードウォッチング 春

タッチ&ゴー弾丸太平洋航路バードウォッチング 春




遅めの連休をとって、男一匹、海鳥観察にいってきました。
名古屋金城ふ頭から苫小牧へ1,330km、鳥見チャンスは4回!+陸1回
大人一人、往復旅費が約1万円で行けます。
太平洋フェリーの1ヶ月前予約で通常料金の50%オフを活用。
ネット予約だと、搭乗手続きも簡単です。

24時間、お風呂も入り放題(入港30分前に清掃のためにお湯が抜かれます:注意)
充電用コンセントも、ベットやパブリックスペースにたくさん有ります。

ネットも一部地域以外、ほとんどつながります。
フェリーに専用のネット接続サービスも有ります。(有料1日約1,000円)
20時からは無料のLiveコンサート、その後22時からは映画の上映あり(鳥見は早寝第一ですが?)。

仙台港の停泊は約3時間なので、食事と買い出しぐらいですね。
苫小牧は8時間在りますので、陸鳥見が出来ます(ウトナイ湖などに行けます)。
行きはタクシーが良いと思います(約4,000円)
帰りはバス(ウトナイ団地停留所 16時8分発)、これだとフェリー乗り場まで行けます。

海鳥好きになれることうけあいです。
観察は7階デッキ(屋根がないデス:雨の場合は5階デッキ後方、屋根在り)いしかり(船名)
「いしかり」と「きそ」は同じような構造の船舶です。(ナゴヤ発は、「いしかり」と「きそ」)
「いしかり」は全長約200m、約1600トン、重厚速力20ノット(最高船速26.5ノット)
でっかい船ですが、うねりが2m以上在ると、ちょっと揺れますよ。

<海上の出会い>
アホウドリ、コアホウドリ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、ハイイロヒレアシシギ、
アカエリヒレアシシギ、トウゾクカモメ、フルマカモメ、グンカンドリ、オオセグロカモメ、
ウミネコ、ウトウ、ウミスズメ

<ウトナイ湖の出会い>
オジロワシ、キビタキ、アオジ、アオサギ、ハクチョウ、マガモ、ハクセキレイ、トビ、スズメ

今回、5月なのに-18度の寒気団が日本上空にやって来ました。
初日は夜明けから銀色の世界です。
房総半島沖、クロアシアホウドリ、アホウドリ、コアホウドリの3連ちゃん
ちょっとうれしいスタートでしたが、その後は霧が出て来ましてほとんどホワイトアウト。
午後からは、お風呂で体を温め缶麦酒片手に、写真チェックです。
2日目は、朝から霧でホワイトアウト・・・仕方なく朝風呂、朝食。
その後、少し霧は少なくなったので、デッキで待機、クロアシアホウドリ、コアホウドリ、
ハシボソミズナギドリの大群・・・そして雨が本降りのため屋根のあるデッキに移動。
そして、苫小牧に入港。
タクシーでウトナイ湖へ、ハクチョウやオジロワシ、そしてここだけでしか聞けない
アオジの囀りをタップリ聞きました。
その後、近くの道の駅で昼食!カニ天津飯が旨かったです。
地元の子ども達と喋りながらバス停に移動して、苫小牧港に到着。
3日目は、朝から晴れました。
ヒレアシシギ達が水面を飛びます、美しいデス。
ウトウやミズナギドリ、ウミスズメたちも元気です、しかしアホウドリ達とは会えませんでした。
4日目は、ミズナギドリ、ウミスズメ、ウミガメ、マンボウ、トビウオ・・・
この日も晴天で、穏やかです・・・アホウドリ達とは会えませんでした。

海が少し荒れて、風が吹いた方が良いのでしょうかね?アホウドリ君
https://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/folder/1084928.html

0 Comments

Post a comment