GPSレシーバー

GPSレシーバー


野鳥や蝶などの自然観察記録にiPadの更なる活用をするために
GPSレシーバーを購入しました。

Bluetoothで連携します。
山歩きにも
干潟歩きにも
林道にも
バイクナビでも

バイク関連の移動などは、iPod touchで活用します。
データはCloudで、iPadと連携させます。
事前計画や内容確認は、画面の大きなiPad airでおこない。
フィールドへの持込や、林道バイクナビはiPod touchで展開します。

田舎の山中は、まだまだ携帯電話の電波状況が悪いので、
Wi-Fiなどは使い物になりません。
ナビ関連は、MapFan+
林道マップは、FieldAccess
野鳥などの図鑑ソフトを格納して出かけています。

米Dual Electronics製のGPSレシーバー「XGPS160」
99チャンネルの高感度GPS/GLONASS対応のGPSチップを搭載、
1秒間に10回のタイミングで高精度な位置情報をリアルタイムに取得できる。
また、アップルの「MFi」認証を取得しており、ほとんどのiOS向けGPSアプリに対応。

2 Comments

マンボウ  

No title

アハハ…
私はGoogleのNexus7を愛用していて、GPSは無料アプリで済ませてます。フィールド・ノートを野鳥観察の記録用アプリで済ませたいのですが、山の上でWi-Fiが届かないところがあるのが、悩みの種なんですよ(^^ゞ

2014/05/12 (Mon) 20:36 | EDIT | REPLY |   

birding  

No title

マンボウさん、コメントをありがとうございます。
山登り用の地図でないと、林道など掲載され無いですよね。
干潟の周りも詳細が不鮮明だったり・・・
このGPSレシーバー良いですよ。
家の中でも、森の中でも・・・
Wi-Fiは、山の中はダメですし、スマホ関連のGPSは性能が悪いです。
約10時間連続稼働のバッテリーも内蔵されています。

2014/05/12 (Mon) 21:20 | EDIT | REPLY |   

Post a comment