体長3cm飛行距離20cm、ヒヌマイトトンボ

体長3cm飛行距離20cm、ヒヌマイトトンボ



7月6日(土)、自然史教育談話会と環境学習情報センターの主催(協力:三重県伊勢建設事務所宮川下水道室 宮川浄化センター)で、ヒヌマイトトンボ観察会が開催され、参加して来ました。

ヒヌマイトトンボは、トンボ目イトトンボ科の昆虫で、淡水と海水の混ざる汽水域などにすむ
珍しいトンボで体長は約3cmの、とてもちいさなトンボです。
一度の飛行時間は、約1秒。
航続距離・・・20~30cmで、風には弱いデス。
葦原の地面から30cm以内に活動しているようです。
男の子は、背中に4つの点が有ります。
女の子はオレンジ色をしています。
(雄雌とも成長と共に体の色は変化します)
1971年に茨城県の涸沼などで発見されたことからこの和名が付けられました。
全国的にもその数は少なく、環境省のレッドリストでは「絶滅危惧I類(CR+EN)」です。

伊勢市の「宮川浄化センター」にヒヌマイトトンボを守っていく保全ゾーンが設けられています。
この取り組みで種が保全されているのは凄いことだと思います。
近年では海外からも多くの方々が訪れているようです。

【科】イトトンボ科
【属】モートンイトトンボ属
【和名】ヒヌマイトトンボ
【学名】Mortonagrion hirosei
※ 学名の hirosei というのは発見者の一人である廣瀬誠氏にちなんでつけられています。

6 Comments

市川  

No title

ヒヌマイトトンボの交尾まで撮れ凄いですね
私も先日地元の川でオスを撮って来ました。
市の天然記念物指定になっています。
一部を建物の中で観察できる様にしているそうですが私は河原で探してみました。
再度探しに出掛けて見ます。ナイス

2013/07/06 (Sat) 18:41 | EDIT | REPLY |   

birding  

No title

市川さん、コメントをありがとうございます。
niceをありがとうございます。m(__)m
小さくて探すのが大変ですが、驚かさないかぎり、ほとんど飛びませんので、楽しく撮影出来ました(^○^)。
地面近くで活動しているので、ヒザに泥の勲章がたくさん付きました。

2013/07/06 (Sat) 18:58 | EDIT | REPLY |   

j_jilow_2nd  

No title

すごいですね。

今年、イトトンボに出会いません。

2013/07/08 (Mon) 14:24 | EDIT | REPLY |   

birding  

No title

j_jilow_2ndさん、コメントをありがとうございます。
イトトンボも、探すとなると、なかなか難しいですよね。
郊外の池のある公園などに、ひっそりと住んでいるようです。(^^)

2013/07/09 (Tue) 10:10 | EDIT | REPLY |   

mod*k*_520  

No title

汽水域に生息するトンボですか?
珍しいのですね。それに小さいですね。
アップは涼しそうな表情しています。

2013/07/13 (Sat) 21:08 | EDIT | REPLY |   

birding  

No title

mod*k*_520さん、コメントをありがとうございます。
とても小さいトンボ君です。
初めてのご対面でした。(*^_^*)

2013/07/14 (Sun) 17:37 | EDIT | REPLY |   

Post a comment