東京湾にガンがいた頃:塚本洋三 著

東京湾にガンがいた頃:塚本洋三 著



千葉の浦安に「夢と魔法の国」あります。
そして、その国が出来る以前の国を目撃している少年の目。
その感動体験で語られた「東京湾にガンがいた頃」という本が有ります。

私がこの本と出会ったのは、実父の入院の付き添いの時、何か本をとAmazonで購入し
病院に持ち込んで夜中に読みました。
暗いベッドの灯りの下、感動して朝までに3度も読み返していました。

本の中には、モノクロの「夢と魔法の国」の実写が掲載されています。
月刊BIRDERに連載されていた「新浜物語」に加筆修正が加えられた写真エッセイです。
「古き良き時代」と一言で語られてしまわれそうですが・・・
「人間と自然の関わりとは」を考えるキッカケになる著書だと思います。

そして、昨夜「浜町」で塚本洋三さんに久しぶりお会いでき、色々とお話しを伺うこと出来ました。
お元気で、何よりです。

今は「西洋のネズミ」の夢と魔法の国が有りますが・・・
本来の夢と魔法の国、目撃者の少年の目と、麦酒!
味わい深き、一夜でした。

4 Comments

j_jilow_2nd  

No title

ステキな一夜、でしたね。夢と魔法にポチ。

2013/04/11 (Thu) 14:01 | EDIT | REPLY |   

birding  

No title

j_jilow_2ndさん、コメントをありがとうございます。
今尚、輝く眼差しの大先輩がたくさん集まっています。
生き物大好き、自然大切のグループデス(^O^)/。

2013/04/11 (Thu) 18:34 | EDIT | REPLY |   

マンボウ  

No title

お名前だけは拝見したことのある塚本さんですか。まだご健在なんですね。かつては東京湾にもガンがやって来ていたんですね。私の海辺のフィールドでもここ2年マガンが見られます。稀にオオヒシクイやカリガネも姿を見せます。でも、日本の人口は減っているのに、水鳥の生息環境は急速に悪化しています。ガンが身近に見られる環境を取り戻したいものですね。ナイス

2013/04/12 (Fri) 14:39 | EDIT | REPLY |   

birding  

No title

マンボウさん、コメントをありがとうございます。
ナイス!をありがとうございますm(_ _)m。
マガンが飛来するとは、素晴らしい!ですね。
何とか良い環境を守り育てたいものです。
水鳥の飛来数と環境は基本的には正比例するように思います。

2013/04/12 (Fri) 22:54 | EDIT | REPLY |   

Post a comment