ツリスガラ

葦原では、オオヨシキリが歌っています。そして、カワイイ声が・・・「チー、チー」と葦の茎の皮をクチバシではがす「ぱきぱき」という音も聞こえてきます。ツリスガラの団体さんです!...

クロツラヘラサギ(番外)

それ!食べるの・・・くわえるだけだよねしかもペアで・・・ベジタリアンか?表情が・・・カワイイ!(東よか干潟にて)...

シャモジもストローも、ニンジンまでもが空を飛ぶ「よか干潟」

大空は、大賑わいデス!生物の多様性ですねクチバシに注目です、食べ物の差別化で子孫を残してきたのでしょう。ただ、クチバシの違いだけでなく、彼らの食生活の観察から・・・何かを感じていければ、素晴らしコトではないでしょうか?鉄の鳥が空を飛ぶ時代ですが・・・この星では、ずいぶん前からシャモジもストローも、ニンジンまでもが空を飛ぶ「よか地球」だったのです!!※ 写真は上段から クロツラヘラシギ(シャモジ君) ...

大阪城公園オレンジ色がピカリにソロリ・・・

佐賀市の「東よか干潟」の帰り、早朝南港につきましたので、人生初の大阪城公園の鳥見です!ゴールデンウィーク初日、そして快晴。凄い人です(考えれば当たり前田のクラッカー:大阪の昔ののりで)。バードウォッチングの方も多い・・・ポイントもわからずにウロウロ、カメラマンの多い場所に遭遇(梅園?)!すると、私ののぞいた真下(ピントが合わない近さに)オレンジがピカリ!男前のキビタキ君です(秀吉さん、感謝申し上げ...

佐賀市「東よか干潟」のクロツラヘラサギ

2017年4月28日 14時30分 クロツラヘラサギ銀のリング当日11羽を確認しましたが、リングが付いていたのは1羽だけでした。当日の11羽の飛翔https://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/37706117.html...

ツマグロヒョウモン

佐賀市の「干潟よか公園」で出会いました。お昼のお弁当タイムに・・・モンシロチョウ、キチョウ、ツバメシジミ、ベニシジミ、ツマグロヒョウモン、アオスジアゲハ...

カササギ君

カササギが営巣してました。夫婦で仲良く、巣に昆虫らしきモノを運んでいました。雛がいるのでしょうかd(^-^)ネ!...

空に舞う!クロツラヘラサギ11羽

最初にヘラサギを見たのは、葛西臨海公園でした。三重県にも毎年のように来ているようです。クロツラヘラサギは昨年、沖縄で出会いました。そして、編隊飛行で11羽が飛ぶのは・・・・とても美しいです!2016年のクロツラヘラサギの世界一斉センサスは1月15日~17日に実施されました。2016年の調査では3,356羽が確認され、前年より2.6%(+84羽)の増加です。...

ズグロカモメ

「東よか干潟」で出会ったズグロカモメ君です。谷津干潟にも、毎年来ていました。三重県の河口にも、毎年来ています。※絶滅危惧2類 (VU)...

「東よか干潟」はよかところ

ラムサール条約湿地「東よか干潟」出かけてみました!国際的に重要な湿地としてラムサール条約湿地に登録された「東よか干潟」は、渡り鳥であるシギ・チドリ類の日本一の飛来数を誇ります。シギ・チドリ類は、夏季にシベリアやアラスカ方面で繁殖し、冬季は越冬のためにオーストラリアやニュージーランドなどへ南下します。長い距離を旅する旅鳥たちにとって、休息やエネルギー補給をするための重要な中継地となっています。また、...