2mの仲良し:アオジ

アオジの男の子ようやく、お近づきです!女の子はこちらhttps://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/37648163.html...

御蔵島!疾う疾う

早朝の御蔵島沖を、低空で滑空するクロアシアホウドリ。速い・・・格好いい!クチバシの付け根、目の下部、白がステキです。御蔵島は、東京都心の南約200km、三宅島の南南東19kmの太平洋上に位置します。島はほぼ円形をしていて、中央に御山(851m)。島全体が豊かな原生林で覆われています。...

沖のカモメ

八丈島航路、夜明けに出会ったでっかいカモメ君!オオセグロカモメかな~?難しい・・・で、沖のカモメ(笑)...

春を食す:アオジ

アオジ君、朝食に一生懸命!ピントが合わないぐらいに・・・大接近中!...

菜輝きし頃:カワラヒワ

春の陽射し輝くなばなカワラヒワ、一和...

ピンク・オレンジ・お腹はホワイト:アホウドリ

滑空するピンクのクチバシに、無条件の愛を宿しオレンジの頭に、仲間との絆を結び正直者の白いお腹を魅せて沖の太夫ミズナギドリ目 アホウドリ科 アホウドリ学名 Diomedea albatrus絶滅危惧Ⅱ類(VU)(環境省第4次レッドリスト)...

ルリシジミと出会いました

先週の東京出張中、公園の陽だまりで出会いました。21匹が、美しいスプリングダンス。パートナー出現を待機中・・・...

薙刀滑空:オオミズナギドリ

くちばしは細長めで先端は鉤型をしています。翼を長く伸ばし、海上を飛ぶ様子が薙刀(なぎなた)で水を切るように見えることから、水薙鳥の名が付けられたようです。まさに、海原のフィギアスケーター!薙刀滑空。美しい!※1枚目:夕方の光を受けた静かな東京湾にて  2枚目:御蔵島沖...

銀波上を滑空するクロアシアホウドリ

北太平洋で2番目に大きい海鳥、クロアシアホウドリ全長は80cm、翼をひろげるとおよそ200cm。全身暗褐色で、額と目の下が白色です。翼は細長く、荒天のときも翼をややたたみ加減にしてスマートに力強く飛びます。数日間飛びつづけることも稀ではないようです。※記念すべき初コンタクトの1枚目のショットです! 2017年3月23日13時12分56秒:御蔵島沖(橘丸船上にて)...

水浴びメジロ

干潟を観察していると、背後で大騒ぎ・・・誰?振り返ると、夜の雨で石の頂上に水たまりが、チー、チー、チチチ・・・の大合唱順番に水浴び合戦...