現場の声から学ぶ 豊かな海のつくり方入門

このほど、WWFから海の保全に向けた取り組みの重要性を指摘し、その具体的な手段をまとめた、冊子『現場の声から学ぶ 豊かな海のつくり方入門』(A4判36ページ)が制作されました。日本国内30カ所以上の沿岸域で、自然環境の保全管理活動を展開してきたWWFジャパンが、各地で活動を共に進めてきた地域の関係者の方々の言葉や、そのノウハウをまとめた冊子です。私がボランティアをさせて頂いている谷津干潟も紹介されています。こ...

ガビチョウ達に笑われて!

先日の森林公園でのお話しですが・・・緑の中を、イモムシをくわえて歩いている一羽の小鳥。発見したときの第一印象は「つぐみ?」でもこの季節ではいないはずだし・・・一緒の仲間達も「何の鳥だろうか?」と盛り上がりましたが・・・繁殖期を過ぎて、羽の色が変化しているホオジロくんと言うことにおちつきました。写真のアップを見ると「そうだな」と思いますが、みんなで双眼鏡で確認していたときは・・・「何だ!あの鳥」とみ...

ツバメ唇の花盛り

ご近所のアイスクリーム屋(世間ではタバコ&酒屋)の軒先のツバメ。育ち盛りで、花盛り!本日のアイスは「ピノ抹茶味」第一回雛6羽の様子1http://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/25617342.html第一回雛6羽の様子2http://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/25711833.html第二回目、抱卵中のツバメhttp://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/26030108.html第二回目、ツバメの雛生まれるhttp://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/26231329.htmlツ...

ヤマユリの迷宮にツユムシの幼虫

森林公園にはヤマユリが競い合って咲いていました。美しく、華やかな薫りが時間の流れをゆっくりさせています。そんなヤマユリの迷宮にツユムシの幼虫が花粉まみれになって遊んでいました。※ 触角にある間隔で黄白の帯が確認できますからアシグロツユムシの幼虫かとおもいます。...

ひらひらとチョウトンボ

チョウトンボの羽が真夏の日差しに反射して美しい。真夏の炎天下、野山を駆け巡る・・・倒れても不思議ではない。したたる汗の中、蝶やトンボを追いかける・・・チョウトンボの輝きの向こうに見える、幼き夏休みにタイムスリップ。...

日本の国蝶オオムラサキ

本日は早朝から、森林公園に行ってきました。ギョロメ君の本格的デビューは、日本の国蝶オオムラサキです。本日、♀4匹 ♂2匹を確認しました。初挑戦で、いきなり10mmギョロメ撮影という快挙でした\(^O^)/。※ 中心が女の子、右上が男の子です。...

ツバメの雛たち、チョビット大きくなりました。

ご近所のアイスクリーム屋(世間ではタバコ&酒屋)の軒先のツバメ。すこし大きくなってきました。目も開いています、頭のふわふわ毛が可愛いです!本日のアイスは「ガッンとみかん」第一回雛6羽の様子1http://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/25617342.html第一回雛6羽の様子2http://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/25711833.html第二回目、抱卵中のツバメhttp://blogs.yahoo.co.jp/tukasa1224/26030108.html第二回目、ツバメの雛...

なんちゃって虫の目撮影システム

美しい(昆虫)をより美しく撮影するために・・・昆虫を大きく、そして環境を広く撮影したくて・・・虫の目レンズにたどり着きました。しかし、市販品は価格が高いですよネ。古いレンズの改造は・・・・知識も技術力がありませんので、私には無理です。そこで、現存システムの使い回しで対応することにしました。購入品は、魚露目8号(基本レンズ)と、レンズフィルター交換リング各種(単価が安いし、光軸が正確)その他は現状品...

昼下がりの情事

我が家の庭の、ヤマトシジミの熱々カップルです。ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro +E5...

トンボの向こうに夏の太陽

最近は、魚露目8号にはまっています・・・(^_^;)。最近、モデル君達も協力的です。魚露目8号 + ZUIKO DIGITAL ED 25mm F2.8 + EC-20 +E5...