カツオドリとホエールウォッチング:小笠原

船首でカツオドリ君がナビゲート...

ノビタキ:母島

渡りの途中でしょうか_?ノビタキ君!もしかして?母島では珍鳥かも?...

鳥山:小笠原航路

小魚を追いかける大型魚と海鳥立ち鰯?の群れを、キハダマグロ?とオオミズナギドリが追う!...

サシバ:母島

渡りの途中でしょうか?上空にサシバを確認しました。他にも、ツミが飛んでいました。...

カツオドリ

カツオドリ(鰹鳥:Sula leucogaster)ペリカン目カツオドリ科カツオドリ属全長64-74cm 翼開張130-150cm 体重約1kg。顔の目元のあたりが青いのが男の子、黄色いのが女の子です。フェリーに近づいてくるのは、トビウオが船に驚いて飛び出すからです。それを狙っています・・・そしてダイビングしたり、ダイレクトキャッチしたりしています。...

オガサワラヒヨドリ

オガサワラヒヨドリ学名:Hypsipetes amaurotis squamiceps分類:脊索動物門>鳥綱>スズメ目>ヒヨドリ科ヒヨドリの分析の結果、小笠原群島のオガサワラヒヨドリは沖縄県南部に位置する八重山諸島に起源を持つことがわかりました。一方、火山列島のハシブトヒヨドリは本州や伊豆諸島の集団に由来していることがわかりました。つまりヒヨドリは単純に小笠原諸島の中で2つの集団に分かれたのではなく、それぞれ異なる起源を持ってい...